スポンサーサイト

  • 2007.08.06 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日興アセットマネジメント

--日興アセットマネジメント--=

日興アセットマネジメントって何?って方にまず…

アセットマネジメントとは、投資家(資金提供者)から依託を受けて取得した資産の運用・運営・管理を行うことをいい、これを実行するものをアセットマネジャーと呼びます。
アセットマネジャーは対象不動産の資産価値を高めることを目的としてアセットマネジメント計画を策定・実行します。
具体的には、対象不動産の購入や売却を行いテナント誘致計画や物件の管理方針等を決定したりということです。
このアセットマネジャーが『日興アセットマネジメント株式会社』ということです。

最近では、「道路のアセットマネジメント」など、公物(=公共の建設物)にアセットマネジメントという言葉を用いる例が増えてきています。
公物の場合は、売却や運用という概念は存在しませんが、国民の税金を原資としているため、安全性や利用者満足を確保しながら、いかに長期的な費用を低減するのかがアセットマネジメントの重要なポイントでになっています。

私たちの住む日本の社会資本は、1960年代から1970年代初頭の高度成長期にかけて急速に整備されました。今後は、その高度成長期に整備されたこれらの多数の構造物が一斉に老朽化の時期を迎え、補修・補強対策や予算措置など維持管理問題が表面化するに違いありません。
そこでアセットマネジメントの考え方を取り入れた公物管理の重要性はこれからますます高まると予想されます。

--日興アセットマネジメント--=

投資信託ならこちらも→ピクテ投信【ピクテ投信投資顧問】

日興アセットマネジメント 資産運用術

--日興アセットマネジメント--=

今回は、資産を効果的に運用するための運用術を紹介します。
皆さん、日頃洋服を整理するときタンスを使いますよね?
その際、下着類は一番上、T-シャツは二番目とか、だいたい小分けにしてまとめて直すと思います。そうすることで取り出す際には、目的の物を見つけやすくできるはずです。
資産運用も同じで整理整頓が大切なんです。
ということで日興アセットマネジメントから『3つのポケット』という整頓術を紹介します。

--日興アセットマネジメント--=

★3つのポケット  日興アセットマネジメントから引用〜ここから〜

☆貯蓄ポケット
いざというときのお金や減らしてはいけない生活資金などを入れておきます。
3つのポケットの基本で、必要不可欠なポケットです。
必ず最初にこのポケットを準備してください。
・投資のポイント
預貯金や低利率で安全性重視、また現金に換金しやすい金融商品で保有します。

☆資産形成ポケット
貯蓄ポケットに生活に必要なお金が準備できたら、このポケットを準備してください。
例えば子供の教育資金やマイホーム資金、老後資金など、将来お金が必要になる局面にそなえ、幸福な生活を送るための資産をつくるポケットです
・投資ポイント
分散投資や時間を味方に付け、資産をじっくり大きく育てることを目指します。

☆トレーディングポケット
投資を楽しむためのお金や、より大きな収益を求めるためのポケットです。
貯蓄ポケットと資産形成ポケットが準備でき、さらに余裕資金で投資を楽しみたいという方だけ、このポケットを準備してください。
・投資ポイント
あらかじめ投資額を決めておき、その範囲で投資を行います。
日興アセットマネジメントから引用〜ここまで〜http://www.nikkoam.com/beginner/3pocket.html

以上が日興アセットマネジメントが推奨する『3つのポケット』資産運用術大まかな内容です。次回は一つひとつもうちょっとだけ詳しく紹介したいと思います。

--日興アセットマネジメント--=

投資信託ならこちらも→ピクテ投信【ピクテ投信投資顧問】

日興アセットマネジメント 3つのポケット

--日興アセットマネジメント--=

前回、資産を効果的に運用するための運用術として日興アセットマネジメントが推奨する『3つのポケット』というものを紹介しました。
今回は、その『3つのポケット』について一つずつ少しだけ詳しく紹介したいと思います。
日興アセットマネジメントから引用〜ここから〜

1、貯蓄ポケット 日興アセットマネジメント
☆少しでも有利な貯蓄を考えよう〔貯蓄ポケットの作り方と使い方〕
貯蓄のポケットには、緊急時のためのお金を入れておきます。
人生同様、資産運用も一寸先は闇。ある程度のお金は常に貯蓄しておくべきです。
貯蓄ポケットのポイントは、預貯金以外の貯蓄方法も検討することです。
ご存知のとおりペイオフが全面解禁され、現代は預貯金といえども「絶対安心」と言い切れる時代ではなくなりましたし、大手都市銀行の普通預金の利率は、0.001%程度(2005年11月現在)。
いくら安全性が高いとはいえ、この利率では長期間預けておいても、あまり増えません。 
貯蓄は安全第一ですが、できれば多少は複利効果が期待できる金融商品で保有したいものです。
例えば公社債投信やMRFなど、比較的リスクが小さい金融商品に分散し、安全性と有利さのバランスを図ることも大切です。

2、資産形成ポケット 日興アセットマネジメント
☆分散・長期投資で、じっくり育もう〔資産形成ポケットの作り方と使い方〕
資産形成ポケットは名前のとおり、着実に殖やすためのポケット。貯蓄ポケットよりも収益性が高く、トレーディングポケットよりもリスクが低いタイプがこのポケットに入れる金融商品に該当します。
もちろん、確実に殖やせる、と言い切れる資産運用方法などありませんが、できるだけ効果的な資産運用を目指すことはできます。
そのコツのひとつが、分散投資です。
皆さんは「ひとつのカゴに卵を盛るな」という格言をきいたことはないでしょうか? 
これは「卵をひとつのカゴに入れて運ぶと、カゴを落としたとき、全部が割れてしまうけれど、いくつかに分けて運べば他のカゴの卵は安全」という格言です。
絶対に安全なやり方は存在しない―― だから、分散投資が大変重要なのです。 具体的には、値動きが異なる傾向にある金融商品を複数組み合わせれば、トータルで安定したリターンも期待できます。また、分散のやり方は資産分散だけではありません。さまざまな国の資産に投資する地域分散もリスクコントロール効果があります。例えば、国際分散型の投資信託は資産形成ポケット向きの金融商品であるといえるでしょう。また、時間分散、という方法もあります。市場は短期的に見れば大きく変動することがありますが、一度にすべての資金を投資するのではなく、何度かにタイミングを分けて投資すれば、比較的安定した運用を目指すことができます。集中投資を避けて、長期的視点で行うことが資産形成の基本です。

3、トレーディングポケット 日興アセットマネジメント
☆余裕ある範囲で楽しみもう〔トレーディングポケットの作り方と使い方〕
トレーディングポケットは言い換えれば、お楽しみポケット。投資を楽しむためのポケットです。
刺激があると、人生が楽しくなりますし、トレーディングが知的な趣味にもなります。
ただし、気をつけなければならないのは、投資金額の上限を決め、それを守ることです。
そこでトレーディングポケットが活躍します。
お持ちの金融資産の1割から2割程度をあらかじめトレーディングポケットに入れておき、その範囲内で投資するようにすれば、「いつのまにか、大事な預貯金まで投資に使ってしまった」、という危険性は少なくなります。
余裕のある範囲でドキドキ、ワクワクする――
トレーディングポケットは、そんな楽しみ方が可能なポケットなのです。
ただし、必ず貯蓄ポケットと資産形成ポケットの準備が終わってから、楽しむようにしてください。
日興アセットマネジメントから引用〜ここまで〜http://www.nikkoam.com/beginner/3pocket.html

以上が日興アセットマネジメントが推奨する資産運用術『3つのポケット』です。

--日興アセットマネジメント--=

投資信託ならこちらも→ピクテ投信【ピクテ投信投資顧問】

日興アセットマネジメント 財産3分法ファンド

--日興アセットマネジメント--=

今回は日興アセットマネジメントが運用する「財産3分法ファンド」の紹介です。

日興アセットマネジメントが行う財産3分法ファンドとは、「不動産」、「債券」および「株式」の3つの異なる資産に分散投資を行ない、インカム収益の確保を図りつつ、安定した信託財産の成長をめざすという毎月分配型のファンドです。

日興アセットマネジメントから引用〜ここから〜

日興アセットマネジメント 財産3分法ファンドの特色
・投資信託証券への投資を通じて、3つの異なる資産(不動産、債券および株式)に分散投資します。
・原則として、各資産への投資比率は、不動産等25%:債券50%:株式25%を目処とします。
・原則として、毎月、安定した収益分配を行なうことをめざします。

日興アセットマネジメントが掲げる各資産の運用目標

【不動産投信】
証券取引所に上場している不動産投信に投資します。不動産投信への投資にあたっては、原則として、不動産投信市場全体の値動きを概ねとらえることをめざします。

【債券】
「海外債券インデックス(ヘッジなし)マザーファンド」への投資を通じて、世界の主要国の債券市場の動きをとらえることを目標に、シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)に連動する投資成果をめざします。

【株式】
「日本株式インデックス225マザーファンド」への投資を通じて、わが国の株式市場の動きをとらえることを目標に、日経平均株価(225種・東証)に連動する投資成果をめざします。

リスク

当ファンドは、主に投資信託証券に投資を行ない、投資対象とする投資信託証券は、主に不動産、債券および株式など値動きのある資産(外貨建資産は為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。
投資対象とする投資信託証券の主なリスクは以下の通りです。
(1) 価格変動リスク
一般に株式や不動産の価格は、国内および国外の経済・政治情勢等の影響を受け変動します。また、債券は金利変動により債券価格が変動するリスクがあります。一般に金利低下時には債券価格が上昇し、逆に金利上昇時には債券価格が下落する傾向があります。ただし、その価格変動は、残存期間・発行条件等によりばらつきがあります
(2) 流動性リスク
市場規模や取引量が少ない場合、組入銘柄を売却する際に市場実勢から期待される価格で売却できず、不測の損失を被るリスクがあります。
一般に不動産は代替性がないうえ、流動性が低く、取得または売却に、より多くの時間と費用を要することがあり、場合によっては取得または売却ができない可能性があります。
(3) 信用リスク
一般に投資した企業の経営等に直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合には、ファンドにも重大な損失が生じるリスクがあります。
・不動産投信が支払不能や債務超過の状態になった場合、またはそうなることが予想される場合、大きな損失を被る可能性あります。また、証券取引所が定める一定の基準に該当した場合、上場が廃止される可能性があります。
(4) 為替変動リスク
外貨建資産については、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合には、ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。
(5) 不動産投信のリスク
不動産投信は、不動産を運用対象とする商品で、かつ市場で取引されますので、不動産を取り巻く環境、不動産市況や金利動向、マクロ経済の変化等、様々な要因で分配金や価格は影響を受けます。
※ファンドが投資対象とする投資信託証券は、これらの影響を受けて価格が変動しますので、ファンド自身にもこれらのリスクがあります。
日興アセットマネジメントから引用〜ここまで〜http://www.nikkoam.com/products/fund/3bunhou/

--日興アセットマネジメント--=

投資信託ならこちらも→ピクテ投信【ピクテ投信投資顧問】

Search Google
Google
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
関連キーワード

日興,日興アセットマネジメント,日興am,資産運用,投資信託,

others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM